PR

アーモンドミルクは体に悪い?副作用や飲み過ぎの危険性を徹底解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理・食材

アーモンドミルク 体に悪い

【執筆者:編集部 柴崎マリ】

アーモンドミルクは糖質や脂質の多さ、食品添加物を含むことから体に悪いと心配されることがあります。

水代わりに飲むと栄養の過剰摂取や太る可能性があるものの、適量を守れば体に害をなすことはありません。

この記事では、アーモンドミルクが体に与える影響が気になる方に向けて、以下の内容をご紹介しています。

この記事を読むとわかる!
アーモンドミルクのこと

 

  • 体に悪いとされる理由
  • 飲み過ぎによる危険性やデメリットはあるのか
  • 含まれる栄養素
  • 足りない栄養素を補うおすすめの飲み方やレシピ

アーモンドミルクは医薬品では無いので副作用はありません。

それどころか適量飲めば体に必要な栄養素を補えるので、ぜひ最後まで読んでアーモンドミルクを活用してください♪

   

こんな記事もおすすめ!
プーアル茶 飲み続けた結果

【プーアル茶を飲み続けた結果】肝臓に悪い・白髪に影響するのは本当?

ブルダック炒め麺 辛くない食べ方

【ブルダック炒め麺の辛くない食べ方】あの辛さを和らげるには

イタリアンパセリ 代用

【イタリアンパセリの代用品】売ってないときに代わりになる食材

辛ラーメン 食べない方がいい

【辛ラーメンは食べない方がいい?】発がん性物質の危険性

これゆまつゆ 代用

これうまつゆの代用になる商品は何?めんつゆとの違いも徹底解説!

オルトラインを使用した野菜は食べられるのか

オルトランを使用した野菜は食べられるか?危険性や注意点を解説

フィーカ 美味しくない

フィーカは美味しくない?クッキーの口コミや購入者の本音を調査!

白子 恥ずかしい理由

白子が恥ずかしい理由とは?そもそも何の子?分かりやすく解説!

大豆麺 まずい

キッコーマン大豆麺はまずい?臭いの?評判・口コミを徹底調査!

ペンギンベーカリー まずい

ペンギンベーカリーはまずいって本当?口コミから真相を大調査!

納豆 消化時間

納豆の消化時間は早い?遅いの?消化されないから大人も要注意?

腐った牛乳 飲んだ

腐った牛乳を飲んだら何時間後に腹痛が起こる?他の症状・対処法は

カンジャンセウ 食中毒

カンジャンセウは食中毒に要注意?寄生虫がいるって本当なの?

泉屋 クッキー まずい

泉屋のクッキーはまずい・味が変わった?噂の真相を評判から検証

断食後 食事 死亡

断食後の食事で死亡するって本当?普通に食べたら危険?注意点は

ベルン ミルフィーユ まずい

ベルンのミルフィーユはまずい・美味しくない・溶ける?評判を調査

岩泉ヨーグルト まずい

岩泉ヨーグルトはまずい?食べにくい?評判から美味しい食べ方まで

回ジャム まずい

柿ジャムはまずい?ジャムに適さない・失敗するの?原因や対策は

パチパチパニック 死亡

パチパチパニックで死亡事故?パチパチキャンディも危険?真相は

ツマガリ クッキー まずい

ツマガリのクッキーはまずい・美味しくない評判の真偽を検証!

高カカオチョコレート 痩せた

高カカオチョコレートで痩せた?痩せない?ダイエット体験談とやり方

バターナッツかぼちゃ まずい

バターナッツかぼちゃはまずい?生で食べるのはOK?口コミも紹介

山岡家 まずい

山岡家のラーメンがまずい・臭いと言われる原因や人気の理由とは

新高梨 まずい

新高梨はまずい・美味しくない?値段や特徴と本当の評判を調査!

舞茸 食べ続けた結果

舞茸を食べ続けた結果|毎日食べるとどんな変化が?体験談で検証

アーモンドミルク 飲み続けた結果

アーモンドミルクを飲み続けた結果|危険性がある?デメリットは

メントスコーラ 死亡

メントスコーラの死亡事故例は?体内実験はNG!安全なやり方も紹介

ペットボトルの水を飲むのをやめたほうがいい理由|発がん性あり?

クコの実 食べ続けた結果

クコの実を食べ続けた結果|効果は実感なし?メリットと注意点も

セサミン 飲み続けた結果

セサミンを飲み続けた結果|効果は嘘・効果なしって本当?真相は

スポンサーリンク

アーモンドミルクが体に悪いとされるのは砂糖や添加物の影響

アーモンドミルク 飲み過ぎ

アーモンドミルクは製品によっては砂糖や添加物が使われているものがあるため、体に悪いといわれることがあります。

しかし、飲み過ぎなければ悪影響を及ぼすことはありません。

アーモンドミルクが体に悪いと言われる原因
肥満 砂糖と脂質の多さから
(飲み過ぎなければ問題なし)
健康被害 食品添加物による風評
栄養の過剰摂取 特にビタミンEが豊富
(飲み過ぎなければ問題なし)

アーモンドミルクの原材料はアーモンドと水のみで、乳糖不耐症の人でも飲める上に栄養も豊富というメリットがあります。

ただし、飲み過ぎると肥満や糖質の摂り過ぎが問題になるので注意しましょう。

砂糖や脂質の影響で太る危険性

味をよくするために砂糖やフレーバーを加えているアーモンドミルクは、砂糖不使用のものと比べ糖質や脂質の量が多く、太りやすくなります。

アーモンド効果の成分(200mlあたり)
オリジナル(加糖) 砂糖不使用
熱量 80kca 39kca
脂質 3.2g 2.9g
糖質 9.8g 0.9g
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
加糖タイプは水代わりに飲むとあっという間に糖質オーバーに。適量を守ったり、無糖タイプを飲んだりしましょう。

アーモンドミルクは製品ごとに熱量や栄養成分が大きく異なりますが、それは食品添加物の影響もあります。

食品添加物はそれほど問題ない

市販のアーモンドミルクには食品添加物が含まれるものも多いですが、それほど心配する必要はありません。

食品添加物は国が安全性を厳しく調査し、問題がないもののみ使用できるためです。(※1)

また、食品添加物を使ったアーモンドミルクには、以下のようなメリットもあります。

添加物使用によるメリット
  • 炭酸カルシウムのように栄養補給目的で使用される場合も
  • 添加物使用商品は無添加商品に比べて値段が安くなりやすい

栄養補給目的でアーモンドミルクを飲む場合は、各製品の成分表を見て無添加でも自分が望む栄養が摂れるか確認してみましょう。

ただし栄養補給目的だとしても、アーモンドミルクの飲み過ぎには注意が必要です。

飲み過ぎによる栄養の過剰摂取に注意|1日200mlほどが適量

アーモンドミルクの適量は、1日およそ200ml(コップ1杯分)です。

アーモンドミルクはビタミンEが多く含まれています。

ビタミンEの1日の摂取量目安は成人男性6.5g、女性で6.0gで、アーモンドミルク200mlで十分に摂取できる量です。(※2)

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 ビタミンEは必要な栄養素ですが、摂り過ぎは骨粗鬆症のリスクを高める可能性が。

糖質やその他の栄養素の過剰摂取を防ぐためにも、1日コップ1杯分程度に留めておきましょう。

アーモンドミルクは適量であれば、うれしいメリットを期待できますよ。

アーモンドミルクに含まれる栄養|期待できるメリット

アーモンドミルク 太る

アーモンドミルクには体に必要な栄養素が複数含まれており、特にビタミンEと食物繊維が豊富です。

アーモンドミルクに含まれるおもな栄養素(※3)
ビタミンE 体の機能を正常に保つ
食物繊維 腸の調子を整える
カルシウム 骨や歯を作る
マグネシウム 骨や歯を作り体の代謝を助ける

メーカーごとに異なるもののカルシウムやマグネシウムなどミネラルを豊富に含む製品も販売されています。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
アーモンドミルクは、体内で合成できないミネラルの補給にも適した飲み物ですね。

食物繊維が豊富なアーモンドミルクはダイエットにも活用したいですが、実は類似製品の牛乳や豆乳と比べてたんぱく質が少ないという欠点があります。

たんぱく質を含む食品と一緒に食べることで、足りない栄養素を補えると良いですよ。

足りない成分を補う!おすすめの飲み方

ダイエット中の方に特におすすめなのが、アーモンドミルクとプロテインを一緒に飲む方法です。

アーモンドミルクに足りないたんぱく質を簡単に補いながらプロテインもおいしく飲めて一石二鳥ですよ。

好きな果物を混ぜることでより多くの栄養素をおいしく摂れますね。

また、お菓子のレシピに使われがちなアーモンドミルクですが、料理としても活用できます。

アーモンドミルクがめんつゆに

Cpicon アーモンドミルクでうまだれ肉味噌そうめん by 江崎グリコ
さまざまな料理に合う万能ダレのできあがり!

お肉を使っているので、たんぱく質補給に効果的です。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
ダイエット中の方には砂糖不使用タイプのアーモンドミルクがおすすめですよ!

結論|アーモンドミルクは飲み過ぎなければ体に悪いということはない

アーモンドミルクのまとめ
  • 脂質や食品添加物が含まれるが飲み過ぎなければ問題はない
  • 加糖タイプは糖質が多く頻繁に飲むと太る可能性も
  • 無添加品は値段が高く栄養が少なくなりやすい
  • 1日の適量は200mlでコップ1杯分
  • ビタミンEと食物繊維が豊富

アーモンドミルクはビタミンEや食物繊維、ミネラルなどの栄養素が含まれた食品です。

加工の過程で添加物や砂糖が含まれているものもありますが、飲み過ぎなければ悪影響はありません。

たんぱく質が豊富な食品と相性が良いので、適量を守りつつぜひ生活に取り入れてみてください♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました