PR
スポンサーリンク
生活のQ&A

中古車を1年で売るときに損をしないための査定のポイント

スポンサーリンク
特集
スポンサーリンク

中古車 1年で売る

【執筆者:編集部 鳥越菜生】

中古車を1年で売ることになったら、次の車を購入する場合もあるので、なるべく損をしないように進めたいですよね。

買った車が気に入らないというほかにもさまざまな理由から、半年で売る人や買ったばかりで買い替えたいと思う人もいるようです。しかしそもそも中古で買った車を売ることは可能か、より高く売るにはどうすれば良いかなど、知恵袋にも多くのお悩みが寄せられています。

新車を買ってすぐ売ると儲かるという話や、買って1年以内に売却するとペナルティがあるという噂もあり、気になっている人も多いようです。

そこで今回は車を買って1年で売るときの注意点や、できるだけ損をしないで高値で売却するためのポイントを解説します。中古車をいくらで買っていくらで売ることになるのか心配な人もぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

中古車を1年で売るときの理由や注意点は?知恵袋の声や体験談

中古車 1年で売る

中古車を1年で売るには、一般的に購入時の価格より何割か下がるのは覚悟する必要がありますが、売却は可能な場合が多いです。

自分なりに最適だと思って選んで買った車でも、残念ながら実際に乗っているうちに嫌になる可能性はありますよね。まずは車を1年で売ることになったのはなぜか、知恵袋の口コミから探ってみましたが、さまざまな事情があるようです。

中古車を1年で手放すのはなぜ?買ったばかりで買い替えたい人も

中古車を1年で売るとき、どうしても好きになれないといった感情的な理由の場合もあるようです。しかし結婚や出産などで家族構成が変化したり、それに伴って車に求める機能性が変化・追加されたりなど、生活環境の変化に合わせるための場合もあります。

車を1年で売るときの理由
  • 気に入らないところがある・どうしても好きになれない
  • 家族が増えたため人数に合わせた大きさにしたい
  • ある機能が必要になった(例:スライドドア・チャイルドロック)
  • 車種が使用目的に合わなくなった
  • 急な転勤・失業・転居などにより保管や維持ができなくなった

乗り始めてちょうど1年くらい経つと、その車の乗り心地をはじめクセや燃費のほか、実際に維持費がどれくらいかかるかもわかってくると言われます。その結果買った車をどうしても好きになれず、売りたくなる人もいるようです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
それどころか半年しか経っていなくても、また買ったばかりでもう早く買い替えたいと思う人もいて、知恵袋にも口コミがありました。

また自分の気持ちの問題ではなく、急に家族が増えて乗車人員数が足りなくなったり経済的に維持が難しくなったりして、買い替えや売却が避けられない場合もあるようです。

しかし中古で買った車を売ることは無理なのではないか、と心配する声もあります。

中古で買った車を売ることは可能か

中古で買った車も、状態や車種・年式・走行距離などの条件が良ければ買取してもらえる可能性が高いです。

車の価値は事故歴や傷は言うまでもありませんが、車種と年式のほかカラー・装備などによっても決まります。中古車の場合は何人のオーナーに引き継がれているかも重要な要素ですが、人気の車種・カラーだと売れやすいようです。

しかし買った車をすぐ売るのは損になるからやめたほうがいいという意見もあるので、根拠を確認してみましょう。

中古で買った車をすぐ売ると損をする?知恵袋回答をチェック

車を売るときは、使用期間が短くても購入額よりも売却額の方が低くなる場合が多いので、損と考える人もいます。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
知恵袋回答には、買ってすぐ売るとしても「購入額より2~3割は下がる」という意見がありました。

新車・中古車に限らず、購入時には各種手続きに必要な費用に加え、販売店の利益になる部分が含まれているので、購入額がそのまま車の価額ではないはずです。

そのため売る際には、たとえ買ってすぐで全く劣化していないとしても、車の価値を査定して決められる売却額は購入価格よりも低くなります。しかも使用期間があれば劣化したり年式が落ちたりするので、車の評価額はさらに少しずつでも下がっていくのです。

以上の理由から、買った車はたとえ直後に売ったとしてもかなり安くなってしまうので、すぐ売ると損になるとも言えます。そこで知恵袋の買って3か月の車を売りたいと言うお悩みには、「もったいないからもうしばらく乗ってからでも良いのでは?」という回答もありました。

ところが需要の高い人気車種の場合は例外で、どれくらい乗っていたかに関わらず購入時より高値で買取される場合もあるそうです。

中には自分が乗るためではなく、電化製品の転売のように利益を得るために新車を買ってすぐ売る人もいます。そういった行為は「新車飛ばし」と言われますが、実行すると何らかのペナルティが課されるという気になる口コミもありました。

新車を買ってすぐ売ると儲かるの?1年以内に売却でペナルティがあるか

新車を買ってすぐ売ると儲かるという噂は本当の場合もあるようですが、どの車種にも当てはまるわけではありません。

人気車が転売される背景は?

特に海外で人気の車種において国内でもなかなか納車できない状況になり、供給不足と需要の高さが相まって、ディーラーの販売価格より高値でも買いたいという要望が強まったことが転売の要因となっています。実際に買取店がオークションにかける方法で高利益を出す仕組みも存在しているようですね。

あるメーカーの入手困難な人気車種の場合は、転売防止のため購入時に「今後1年間は売却しない」といった内容の誓約書を書く必要があるそうです。

それに反して新車を買って1年以内に売却すると、ペナルティとして以後その会社からは購入できなくなるという噂があり、知恵袋にも多くの質問が投稿されていました。回答によると噂は本当で、さらに車を売った販売店にも何らかのペナルティがあるとの話もあります。

人気の新車を転売して儲けようとする人は、噂通りのペナルティを課される覚悟が必要のようです。

車購入時の誓約書について

ちなみに誓約書の内容を守らないと法的にどうかという点では、罪に問われることはないという意見と、相手から訴えられる可能性があるという意見の両方がありました。誓約書を交わす場合は違反した場合の対処について、書面をよく確認することが重要です。

売却しないとの誓約書を交わしている場合は要注意ですが、買って1年で車を売りたいときは、より高値になるよう売り方や査定のポイントを押さえましょう。

中古車を1年で売るときになるべく高くなる方法と査定のコツ

中古車 1年で売る

中古車を1年で売ることになったら、より高値にするために、車買取業者の一括査定サービスを利用する方法がおすすめです。

次の車を購入予定の場合はディーラーに下取りしてもらう人も多いと思いますが、面倒でも買取査定を依頼する方が高い対価を得られる可能性があります。

中古車の売り方はディーラーより買取業者への売却がおすすめ

ディーラーでは中古車販売はしていない場合が多いため売却はできない可能性が高いので、より良い条件で車を売るには買取業者の査定を受けてみることをおすすめします。

ディーラーに依頼すると「下取り」になり、新しく買う車の購入代金からいくらか差し引いてもらえる場合が多いです。しかし車種や年式によってはほとんど値が付かず、サービスとして割引きをもらえる程度になります。

一方、車買取店は中古車販売が専門なので、査定のうえ買い取ってもらえる可能性が高いです。買取店には特に欲しい車種があったり、できるだけ多くの車を準備しておきたい時期があったりするので、どこの会社に依頼するかも重要なポイントになります。

知り合いの店がある人は相談できるかもしれませんが、どこがいいかの事前の判断はなかなか難しいです。それに査定は1店舗分だけでなく、いくつか取った方が額を適正により有利にできると言われますよね。

何社にも依頼をしていくのは時間と労力が必要なので、手間を省くためにも、こちらのように一括査定サービスを活用する人が増えていますよ。

車買取の一括査定を利用する方法が人気

知恵袋の車を売るならどこがいいかという質問には、車買取会社の一括査定サービスがおすすめという声が多く、実際に利用した人からの体験談も寄せられています。

一括査定サービスはwebで無料で申し込め、一度の申し込みで複数の買取業者に概算査定してもらえるので、売却額の相場がつかめると好評ですよ。

また複数の業者が一斉に査定額を出していくため、自然に競争が生まれることから高額になりやすい仕組みであることもメリットです。

しかしデメリットとして、業者からの電話連絡も一斉に来てしまいラッシュになって対応が大変なことが懸念されます。

そこで注目されているのがMOTA車買取の一括査定で、最大20社の概算査定額の一覧がweb上で見られるのに、電話連絡が来るのは高額な上位3社のみに限定される点が魅力です。

人気4社の一括査定サービス比較表
会社 査定額比較数 電話連絡が来る数
MOTA 最大20社 3社のみ
※希望で増やせる
CTN車一括査定 10社以上 3社のみ
カーセンサー 最大30社 制限はない
カービュー 最大10社

電話対応が3社だけで済むことは、一括査定申し込み後の一番の懸念点を軽減できるうれしいメリットです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
一括査定で概算査定額を確認したら電話連絡を受け、いよいよ現車確認を予約し、実際に車の現状を見て売却額の見積りを出してもらうことになります。

現車確認の段階でも、なるべく高く売る秘訣がありますよ。

中古車をなるべく高く売るためには現車確認にも同時に呼ぶ

中古車をなるべく高く売るには、一括査定を活用したうえで、現車確認には選定した複数の業者に同じ時間に来てもらうように計画しましょう。

現車確認を同時に行うことでその場でも業者間の競争が起きて、売却額をより高額にできる可能性があります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
一度に済ませた方が、別々に機会を持つより断然手間も時間も省略できますよね。

また車を見せる際は洗車や清掃をして、純正装備は取り外しているものも忘れずにそろえておくことも重要です。見た目がきれいだと大切に使っていたと感じられます。純正の装備は限定品の場合が多く、買取額が高くなるポイントなのだそうですよ。

査定後の見積もりの結果に納得できなければ売却はもちろん断れます。契約する場合も、その場で決めるのではなくいったん時間を取って冷静になって検討しましょう。

もし強引な勧誘や契約があったり、キャンセルしようとして困ったりとトラブルになった場合は、消費生活センターや日本自動車購入協会の相談窓口※に連絡してみてください。

※参照元:増加する中古自動車の売却トラブル|独立行政法人国民生活センター https://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20230322_1.html

車の売却は面倒くさいと言われるので、高く売れるポイントを押さえて、なるべく手間のかからないやり方を工夫しましょう。

まとめ:中古車を1年で売るときは車買取の一括査定を活用してみよう

中古車を1年で売るときのまとめ
  • 買ったばかりで買い替えたいと思う人もいる
  • 生活上の問題で買ってすぐ売る必要が生じる場合もある
  • 中古で買った車を売ることも可能な場合が多い
  • 人気車種・カラーの場合は高く売れやすい
  • 一般的に買ってすぐでも売却額は購入額より低くなる
  • 車種や車の状態によっては購入額より高く売れる場合もある
  • ディーラーに依頼した場合は下取りになる可能性が高い
  • なるべく高く売るには車買取店に査定を依頼する方が良い
  • 手軽に複数の査定が取れる車買取の一括査定がおすすめ
  • 電話連絡が制限されているサービスが人気
  • 現車確認を同じ時間に予約するのも高額売却のコツ
タイトルとURLをコピーしました