PR

これが鉄板!送別会の挨拶、乾杯音頭!マル秘テクニック

スポンサーリンク
生活関連

寒い冬もやがてあけて、

もうじき春の訪れを感じる季節になってきますね。

そんな春の風物詩と言えば、
満開の桜やお花見、ひな祭りなどがありますが、
春の季節と言えば、
新しい出会いと別れの季節、
「送別会」の季節でもあります。

「送別会」と言えば、
春から新しく仲間になる方、退職異動される方々を、
暖かく迎えたり、
送り出したりするイベントです。

社会人さんや学生さんにとっては、
春の風物詩でもある「送別会」ですが、
「送別会」の席で、必ずつきものなのが、
「乾杯の挨拶」ですね。

「送別会での乾杯の挨拶」って、
ここぞとばかりに張り切っちゃう人もいれば、

「・・・そんな大勢の前で、何を話せばいいんだろう・・・」
実は、これが大多数ではないでしょうか。

「こんどの送別会、乾杯の挨拶頼まれちゃったよ・・・」

そんな、
「送別会での乾杯の挨拶」
で何を話せばいいのか?
お困りの「あなた」の為に!

乾杯するときのコツや、
挨拶文のポイントなどなど、
これからお伝えしていきますので、
どうぞよろしくお願いします。

   

こんな記事もおすすめ!
戸隠神社 行ってはいけない

【戸隠神社に行ってはいけない?】呼ばれると人生が変わる理由

0800 出てしまった

【0800からの着信に出てしまったら料金発生する?】対処方法も解説

中国からの電話に出てしまった 料金

【海外詐欺】中国からの電話に出てしまったけど料金はかかる?

ニゲラ 植えてはいけない

【ニゲラを植えてはいけない理由】庭で増えすぎて毒性もある!?

Google Earth インストール不要

【Google Earthはインストール不要】ブラウザ版の簡単な使い方

ボタン電池 CR2032 コンビニ

ボタン電池【CR2032】はコンビニで買える!価格が安いのはどこ?

白い蜘蛛 小さい

【めっちゃ小さい白い蜘蛛】種類や危険性は?家の中にいたら縁起もいい?

ワイヤレスイヤホン 充電器 代用

【ワイヤレスイヤホン充電器の代用はある?】なくした時の対処法

自転車パンク 修理キット 使わない方がいい

自転車パンクの修理キットは使わない方がいい理由|デメリットは

座り込み 意味 24時間

【座り込みを24時間する意味は?】抗議行動の背後に隠された理由

パーツクリーナー 代用

【パーツクリーナーの代用品】100均で代わりになりそうなものは

アイシングジェル 代用

【アイシングジェルの代用品】セリア・100均に売ってないときは

蚕 成虫にしてはいけない理由

【蚕を成虫にしてはいけない理由】かつては飼育が禁止だった!?

ヤモリの出る家 ゴキブリ

【ヤモリの出る家はゴキブリもいなくなる?】本当に食べるのか

スマホ ステッカー 挟む ダサい

スマホにステッカー挟むのはダサい?おしゃれでセンスのいいやり方は

ラミネート加工 どこでできる

ラミネート加工はどこでできる?ホームセンターやコンビニでは

鉄フライパン ゴキブリ

【鉄フライパンにはゴキブリが来る】やめたほうがいい理由と対策

シソ 植えてはいけない

【シソを植えてはいけない理由】庭で一緒に植えるのがNGな事例も

羽田空港 第一 第二 どっちが楽しい

羽田空港の第一と第二ターミナルはどっちが楽しい?目的別に紹介!

蓋 開かない プラスチック

【プラスチック容器の蓋が開かない】固い蓋の開け方をガイド!

発泡スチロール レンジ

発泡スチロールをレンジでチンして食べたけどOK?正しい方法は

アボカド 庭に植えてはいけない

【アボカドを庭に植えてはいけない理由】実がならないことも!?

共感覚 嘘を見抜く

共感覚は嘘を見抜く?思い込みもある?共感覚の人の特徴一覧

ナスカの地上絵 なぜ消えない

【ナスカの地上絵はなぜ消えない?】誰がどうやって書いたのか

カメムシ駆除 コーヒー

【カメムシ駆除にコーヒーが使えるのはなぜ?】コーヒースプレーで撃退!

ウォンバット 人懐っこい なぜ

【ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?】人間好きで甘えん坊な理由

ブルーレット 置かない方がいい

【ブルーレットを置かない方がいい理由】デメリットを解説

結婚祝い 親 100万 渡し方

結婚祝いに親から子へ100万円の渡し方!タイミングから祝儀袋まで

ゴキブリ 一匹いたら 嘘

【ゴキブリが一匹いたら100匹いる】は「嘘」とは言えない理由

【親が倒れた】と言って仕事を休む嘘は何故バレるのか?

スポンサーリンク


乾杯する前の一言挨拶はこんなセリフで始めましょう。

では早速、乾杯の挨拶でのセリフを考えましょう!
と行きたいところですが、

ここでちょっと思い出してほしい事があるんです。

それは
「結婚式」です。

結婚式で、
新郎新婦へのお祝いの言葉をスピーチされる方って、
スピーチの前に
必ず一言二言、「前ふり」をお話されますよね。

例えば、
「新郎の〇〇君とは30年来の旧知の仲で、
学生時代には、〇〇でした。」等、
時間にして、10秒から20秒程度の、
簡単なエピソードのような「前ふり」を話されると思います。

「送別会」での乾杯の挨拶も同じです。
いくら緊張していても、いきなり
「○○さんの今後の活躍をお祈りして、かんぱーい!」ではなく、

乾杯の挨拶の前には、
「この度退職される、〇〇部長には、
入社時に〇〇を御指導いただき、
誠に感謝しております」
などの、簡単なエピソードをサラッと話しておくと、
乾杯の挨拶がより、感動的になるかもしれません。

ただしここで注意事項が1つ!

「前ふり」は、
乾杯を待っている皆さんの、
ビールがぬるくならない程度に、
手短にしておきましょうね。

乾杯の挨拶まではこんな流れで進めればOKです!

乾杯の挨拶にいく前の、
ちょっとした「前ふり」について先ほどお伝えしましたが。
これからいよいよ「乾杯の挨拶」本編!に入っていきます。

ここでは、
せっかくがんばって考えた「挨拶文」を台無しにしない為に、
ナイスなタイミングで乾杯の挨拶に持っていくまでの、
簡単な流れについてお伝えします。

歓迎会送別会での流れは、
だいたいこんな感じだと思います。

まず、司会者さんが
「これより、〇〇部長の送別会を執り行います!」

次は、司会者さんから、
「まず初めに、〇〇課の△〇部長より、
ひとことご挨拶を戴きます」

そしていよいよここです!

司会者さんから、
「それではこれより、
乾杯の音頭を〇〇課の〇〇係長にお願いしたいと思います。
皆様お手元の御飲物のご用意をお願いします!」

と来ますが、

先ほどもお伝えしたように、いきなり
「○○部長の今後の活躍を・・・
かんぱ~い!」

これNGです!

会社関係の歓送迎会などは、
どうしても前ふりが多くなって、
場が固くなりがちですが、
そんなお堅い場を、
ちょっとだけリラックスさせてくれるのが、
「乾杯の挨拶」なんですね。

挨拶文を考えるときにも、
当日の出席者や、司会者さん達と、
軽く当日の流れなどを打ち合わせしておくと、
挨拶文を作る際のヒントになるかもしれませんね。

上司の送別会と同僚の送別会では、挨拶のセリフは変えた方が良いの?

ここまで、送別会での乾杯の挨拶について、
乾杯の挨拶のセリフや、
挨拶までのながれについてお話してきましたが、

ここでは、送る対象者が、
「あなたの同僚の場合」と
「あなたの上司」だった場合、
挨拶の内容をどうすれば良いのか?
についてお話していきます。

まず、送る対象者が、
「あなたの同僚」の場合ですが、

同僚ですから、
今まで「あなた」と苦楽を共にしてきた大事な仲間でもあります。

転勤や結婚退職、
転職など様々な理由があるかもしれませんが、
在職中の楽しかった思い出や、
同僚として、熱心に仕事に打ち込んでいた姿などを、
簡単なエピソードにして、送る言葉にしてあげると良いでしょう。

次は、送る対象者が「上司の場合」です。

定年退職の場合であれば、
長年にわたって社に貢献してきた
感謝の言葉を贈ると良いでしょう。

また、定年後の第2の人生への思いも込めて、
上司の趣味なども紹介すると、
場が明るくなるでしょう。

上司からすれば、
今まで指導してきた部下や後輩から、
「○○さん、ありがとうございました!」や、
「これからも〇〇さんを目標に頑張ります!」等の言葉があると、
なお良いかもしれません。

「乾杯の挨拶」を誰かにお願いすることになった場合のマナーとは?

実は、送別会での乾杯の挨拶にも、
これだけは押さえなければいけない、
「マナー」があることご存知ですか?

例えば送別会で、異動や退職される方が「上司」の場合、
通例では、
「乾杯の挨拶」等は
送られる上司の
次に高い役職の方が行うのが
「マナー」です。

例えば今回、定年退職される方が
「部長」だった場合であれば、
同じ課で、最もキャリアが長い「課長」さんが
乾杯の挨拶を担当するのが
「マナー」です。

ですが、最もキャリアが長い「課長」さんに何かの事情で、
乾杯の挨拶を
お断りされた場合は、お断りされたその場で、
「では、ほかの誰にお願いすれば良いでしょうか?」
相談してみましょう。

課の中に複数「課長」さんがいる場合もありますから、
実際、
誰が一番キャリアが長いかを知っているのは、
「課長」さん達だったりしますからね。

おめでたい席でもある、「送別会」ですが、
上司も集まる、厳粛な席でもありますから、
不手際の無いよう、
最低限のマナーは厳守したいところですね。

まとめ

いかがでしたか?
ここまで、「送別会での乾杯の挨拶」について、
いろいろとお伝えしてきましたが、「乾杯の挨拶」にも、
実は、
最低限のマナーがあったり、
乾杯の挨拶までの、「鉄板の流れ」もあったりと、
これはこれで、なかなか奥深いものがあるようです。

また、これは会社での経験ではないのですが、あるボランティア団体で活動していてイベントの司会を頼まれたり、バンド活動でボーカルをしていたことがあるのですが、両方で気づいたのが緊張していたり、うまくやろう、盛り上げよう、失敗しないようにしようと思うとかえって逆効果なんですよね。その頃はまだ十代、二十代と若かったので人前で恥をかくのが怖かったんだと思いますが、年上の方やメンバーから、声ばかり張りすぎて伝わってくるものがないと指摘されたことがあるんです。それで悩んだんですが、よく考えたら、どうにかしてよく見てもらいたいという気持ちが自分の中にあって、見ている方聞いている方のことを考える、相手の立場になるという心配りが足りなかったと猛省しました。確かに後から録音したものを聴くとやたら元気なだけなのと、早く終わらせたいという感じがありありと伝わってきて、言われた意味を痛感しました。人前に立つってホント冷や汗かきそうになりますけど、自然体、自分らしくありのままが一番相手に伝わるというこを勉強させられました。何より気持ちが一番大切だと実感しました。

おめでたい席でもある、「送別会」です。

送る側として、
送られる方々に、今までの感謝の気持ちを込めた、
暖かい「乾杯の挨拶」の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました